無宗教葬とは

無宗教葬とは宗教的要素を除いた葬儀のことで、
僧侶や神官などの宗教者を呼ばずに葬儀を執り行います

社葬や体葬などのような葬儀に行われる場合が多いようです。

無宗教葬の形

無宗教葬には決まりがないためどのような形で葬儀をしても構いませんが、一般的には生花祭壇で献花でお別れをする場合が多いようです。

無宗教葬の注意点

個人葬を無宗教葬で執り行うのはいくつかの注意点があります。

家族・親族の同意を得ているのか

近年では無宗教で葬儀をする方が増えていますが、それでも在来の宗教で葬儀をされる方がほとんどです。
その中で、僧侶などを呼ばないのは理解できない方も見えるようです。

遺書のようなものを生前に書き残し、家族・親族の同意を求めるのも一つの方法です。

菩提寺の同意を得ているのか

菩提寺には先祖との付き合いがあります。
墓地などがある場合は、無宗教で葬儀をされた方が納骨できない場合もあります。

菩提寺の同意は得ておいたほうが良いでしょう。

葬儀後、お骨はどうするのか

総合霊園などでは宗旨宗派を問わずの骨できるところもあります。
また、海などに散骨される方もみえます。

先祖の供養は今後どのように行うのか

例えば先祖が仏教を信仰していた場合、その先祖はどのような形で供養していけばよいのでしょうか?
そのことを考えた上で、先祖の供養はしていくべきではないでしょうか。

どのような形で葬儀を執り行うのか

無宗教には決まった形がありません。
それだけにどのような形で葬儀をするのかは、ご遺族側である程度考えておく必要があります。

無宗教の祭壇の例

葬儀社はどこにするのか

無宗教は今までにも例は少なく葬儀においても新しい分野です。
それだけに葬儀社の質も問われます。大手だから大丈夫というわけではありません。
また、柔軟な考えのある葬儀社でなければなりません。是非、生前にご相談してみてください。

弊社では、無宗教葬を今までの経験を生かし、真剣に取り組んでいます。