湯灌について教えて下さい

湯灌とは、納棺の前に故人を清めて、あの世へと旅立っていただくための儀式です。
ご遺族様が、顔、手、足などお身体の見える部分を洗い清め、死装束を着せ納棺します。

しかし、不慣れでうまく行えないという方も少なくありません。
また、闘病生活が長く、入浴もあまりできなかったなどいう方のために、弊社では「納棺師」という専門のスタッフがいます。
浴槽をご用意し、故人を洗い清め、死化粧をし、死装束を着せます。

湯灌から納棺までの流れ

逆さ水の儀式

  • 浴槽を用意し、準備が整いましたら、ご遺族様に故人を清めていただきます。

    • 現世の疲れを洗い流し、清らかな気持ちで旅立っていただきたい、というお気持ちで行なって下さい。
  • 逆さ水の儀式

ご洗体

  • シャンプーで髪を洗い、ひげを剃り、爪切りなどをいたします。

  • 湯灌 ご洗体

ご清浄

  • 全身を洗い流し、くまなくお拭き上げをいたします。

  • 湯灌 ご清浄

身支度

  • お布団に安置し、お身体の処置を施し、お着せ替えと身支度を整えます。

    • ご希望の着物(背広、洋服など)がございましたら、そちらを着せることもできます。
  • 湯灌 身支度

納棺

ご遺族様とともにお棺に故人を納めます。愛用品を入れお別れをします。