遺影写真は生前から用意したほうがいいですか?

遺影写真はご葬儀のお打ち合わせをする際に、すぐに決めなければいけないひとつです。
祭壇を設営するにあたり必ず必要になります。

いい表情のお写真がなかったり、あるのだけれど、どこにあるのかわからなくなってしまった。などということはよくあります。
故人らしさのわかるお写真、例えば、お孫さんに笑いながら語りかけてる写真、ペットと遊んでいる写真など、決して真面目に前を向いてる写真でなくても構いません。
遺影写真のために数年に一度、写真館で撮られる方もみえますが、遺影のためでなくても、記録としてたまにはご家族で、撮られるのもいいのではないでしょうか。
また、せっかく撮ったお写真ですので、管理もきちんとすることもお忘れずに。

  • 最近の遺影写真の加工は、ほとんどがデジタル化されています。デジカメで撮ったお写真を、データをそのままお借りして加工することもできます。
  • また、お写真はお顔だけお気に入りのものさえあれば(2センチぐらい)、背景、服装は加工することができます。
  • パジャ姿であっても、背広を着せてパシッとすることもできます。
  • 弊社では写真額も、5色選べるようにご用意しております。
  • また、身近に置いておける15センチほどの小さな手札写真も無料でお渡ししております。