【公式】名古屋で家族葬のことなら セレモニーホールふうりん

最後のお弁当

最後のお弁当

近年ではホールでお葬式をすることが多くなり、仏飯をお供えするという風習が薄れてきています。

お葬式中は葬儀場で過ごすことが多く、自宅に帰ってご飯を炊くことが、時間的に難しくなってしまったからです。

しかしながら、故人にあたたかいご飯を差し上げたいという気持ちは、変わりないものではないでしょうか?

ふうりんではどのようなお葬式でも、そのお気持ちを大切に、ご飯をお供えさせていただいております。

故人の使っていたお茶碗があればそちらにあたたかいご飯を盛り、お供えさせていただきます。

そして、出棺のときにはお弁当としてお棺に入れさせていただきます。

Exit mobile version