家族で送る
  お葬式

家族葬

時代とともに葬儀を行う形も変わり、
会館葬や無宗教葬などと多様化しています。
しかし、故人を思う気持ちには変わりはありません。

慌しく葬儀を行い、社交ばかりで故人を偲ぶ時間がない、
と思われている方は少なくないのではないでしょうか。

別れの時はもどってくることはありません。

社交の場としての『葬儀』、
別れを惜しむ場としての『葬儀』、
人それぞれの『葬儀』があります。

華美に葬儀をすることより、
本当に故人を知る方たちで、最後を送りたい。

そんな方々にご提案させていただきます。

ふうりんの「家ぞく送」

近年では、近隣との付き合いが薄くなり会葬者はあまり来られらないのに、従来のような葬儀の行い方をして寂しげだなと感じたことはありませんか。

弊社では字のとおり『葬(ほうむ)る』というよりも、『送(おく)る』という故人を思いやる気持ちを大切にしたい、 こんなことから家族葬を提案してます。

ゆとりのお葬式

あまり縁のない会葬者をお招きするのをお断りすることにより、その分の時間を故人とのお別れの時間にゆとりをもって使う。本当に故人を知る人たちで最後を語り合う。体裁を気にせず故人が喜ぶことがしてあげられる。

故人が本当に喜ぶのは多くの人に送られることなのか、それとも心から偲ぶ方たちに送られることなのか。
故人の喜ばれる送り方こそ最善の供養だとふうりんは考えます。

もちろん、生前お世話になった方たちへの感謝の気持ちは忘れてはなりません。後日のお礼は忘れずに。

家族で送るための式場

ふうりんでは家族葬を故人の慣れ親しんだ自宅ですることこそ、
故人の喜ぶ最善の方法と考えておりますが、事情で自宅ではできない方のために、家族葬・少人数専用の セレモニーホールを所有しております。


セレモニーホール